FEATURES

機能一覧

Drive Tracerは多彩な機能をご提供します。リモートでの動画再生や走行中の位置情報の確認などの基本機能のほか、日報の自動生成、運転分析、イベント発生時に管理者にメールで通知するなど便利な機能をご提供します。

機能名 概要
車両の位置情報の把握 車両(ドライブレコーダー)の位置を定期的に収集し地図上に表示します。
車両の移動履歴の記録 過去1ヶ月間の移動履歴を地図上で閲覧できます。
イベント情報の収集 ドライブレコーダーで検知したイベント(衝突、急ハンドル、など)を収集します。収集したイベント情報は地図上で確認できます。
イベント動画の再生 ドライブレコーダーで録画した動画をPCのWEBブラウザ上で再生できます。動画をPCにダウンロードすることもできます。
日時指定の動画の再生 日時を指定してドライブレコーダーから動画を取得し、PCのWEBブラウザ上で再生できます。動画をPCにダウンロードすることもできます。
動画の保存 再生した動画(イベント動画、日時指定の動画)は、動画の撮影日から60日間サーバに保存します。
イベントの発生の通知 イベントが発生した際に管理者にメールを送信します。メールを送信するイベントの種類および送信先のメールアドレスは管理者が設定できます。
グループ管理 ユーザ(ドライバー)をグルーピングして管理できます。グループごとに管理者(=グループ管理者)を割り当てることができます。グループ管理者は、グループ内のユーザおよびユーザに割り当てられた車両を管理することができます。(グループには複数のグループ管理者を割り当てることができます。またグループ管理者は複数のグループの管理者になることができます。)
車両管理 ドライブレコーダーを設置した車両情報や車両の利用者を管理します。車検時期の管理などに利用できます。
運転分析 ユーザごとのイベントの発生回数や、平均回数をグラフで表示します。選択した二つの月の発生回数を比較表示することもできます。
ユーザ管理 本システムのユーザを管理します。ユーザには「一般ユーザ(ドライバー)」「グループ管理者」「管理者」「システム管理者」があります。
日報
(リリース予定)
ドライブレコーダーから収集した走行履歴を基に日報を作成できます。
車両稼働状況
(リリース予定)
ドライブレコーダーから収集した走行履歴を集計して車両の稼働状況を一覧表示します。
アプリアップデート ネットワークを介してファームウェアの更新やアプリの更新ができます。

現在位置の確認

通信型ドライブレコーダーから定期的にアップロードされるデータを基にドライバーが現在どこにいるのかを以下のような管理画面で確認することができます。現在のドライバーの位置が地図上にプロットされるため容易い現在位置を把握することが可能です。

現在位置の確認

イベント、動画の確認

通信型ドライブレコーダーからアップロードされた検出イベント、動画は以下のような管理画面から確認できます。
地図上で確認できるため、どこで何が起きたかを簡単に把握することが可能です。
日時やイベントを指定して見たい場面を選択して動画を確認することができます。

イベント、動画の確認

運転分析

わき見、急ブレーキなどの危険運転をドライバー毎に収集・分析する機能を提供します。
全ドライバー平均との比較やドライバーの過去データとの比較ができ、ドライバーの運転傾向についてクラウドで管理することができます。

わき見、急ブレーキなどの危険運転をドライバー毎に収集・分析

日報/運転状況

ドライブレコーダーから収集したデータを使用し走行距離、走行経路などを集計し、日報を自動で作成できます。運転以外の時間は必要に応じて情報を入力することが可能です。地図や走行経路など可視化され、わかりやすく且つ正確な報告を可能にします。

走行距離、走行経路などを集計し、日報を自動で作成

グループ管理

ドライバーをグルーピングして、管理者(グループ管理者)を割り当てることができます。
グループ管理者は割り当てられたグループのみを管理できますので、地域や管轄等の単位で管理を任せるときなどに利用いただけます。
※グループ管理者は複数のグループの管理者になることができます。
※ドライバーが所属できるのは1グループのみです。
※グループの中にはグループを含められません。

グループ管理 ドライバーをグルーピングし、地域や管轄等の単位で管理